発達年齢に見合わない多動・衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が7歳前後までに現れます。学童期の子どもには3~7%存在していると報告されています。男性の有症率は青年期には低くなりますが、女性の有症率は年齢を重ねても変化しないとも報告されています。

 

〇主に見られる特徴〇

 

多動性

・落ち着いて座っていることが難しい、貧乏ゆすりなど目的のない動き

・遊びや学習におとなしく参加することが難しい、落ち着かない感じ

不注意性

・勉強などで不注意な失敗をする、興味のあることに集中しすぎてしまい切り替えが難しい、時間管理が苦手

衝動性

・質問が終わらないうちにだしぬけに答えてしまう、思ったことをすぐ口にする

・順番を待つことができない、他人を妨害し、邪魔をする