発達障害は、脳機能の発達が関係する障害です。生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことが多いです。また、コミュニケーションや対人関係を作るのが苦手なのも発達障害の特徴です。その行動や態度は、「自分勝手」「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されてしまうことも少なくありません。成長するにつれ、本人自身も自らの不得手な部分に気付き、生きにくさを感じてしまい、不登校や引きこもりの要因となるケースが多いのです。

ですが、発達障害はその特性を本人や家族・周囲の人が良く理解し、その人に合ったやり方で日常的な暮らしや学校での過ごし方を工夫することができれば、その子の本来持っている力や個性がしっかり活かされるようになります。


 発達障害はいくつかのタイプに分類されており、ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、チック障害等が含まれます。これらは症状と症状の強さは個々で異なりますが、生まれつき脳の一部に障害があるという点が共通しています。同じ人にいくつかのタイプの症状があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でも全く似ていないように見えることがあります。個人差がとても大きい点が「発達障害」の特徴といえるかもしれません。