DSM-5について その2

精神障害の診断と統計マニュアル第五版(DSM-5)では、第4版から多くの改訂された点があります。今回はその変更点について触れていきたいと思います。

 

精神障害と発達障害は、DSM-Ⅳでは、「通常、幼児期、小児期または青年期に初めて診断される障害」というカテゴリーにまとめられていましたが、DSM-5では「神経発達障害」にまとめられました。神経発達障害にまとめられた精神障害と発達障害は、次のとおりです。

知的能力障害群:知的障害、全般性発達遅延、特定できない知的障害

コミュニケーション障害群:言語障害、会話音声障害、吃音、小児期発症の流暢性障害、社会性コミュニケーション障害、特定できないコミュニケーション障害

自閉症スペクトラム:自閉性障害、アスペルガー障害、小児崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害、非定型自閉症

注意欠如・多動障害群:注意欠如・多動症、混合発現型、不注意優勢型、多動性・衝動性優勢型、他で特定される注意欠如・多動性障害、特定できない注意欠如・多動性障害

限局性学習障害:読みの障害、書く表現の障害、算数の障害

運動障害群:発達性協調運動障害、常同運動障害、チック障害、トゥレット障害、持続性(慢性)運動または音声チック障害、一時的なチック障害、他で特定されるチック障害、特定できないチック障害

その他の神経発達障害:他で特定される神経発達障害、特定できない神経発達障害


知的能力だけでなく、運動能力の障害についてもまとめられていますね。
なぜこれらの様々な症状が神経発達障害という一つのくくりにまとめられたのでしょうか。

それは、これらの障害はみな神経の発達のしかたという共通の原因に関連しているのではないかという仮説が現在強く信憑性があり、その仮説を基にDSM-5は作られているからです。仮説次第では、今後も改訂されることもあると思います。

他にも変更点はいくつかありますので、それらについてはまた次回触れようと思います。

 

ブログ担当:北山

DSM-5ってなんだろう?

発達障害について調べていると、文部科学省の情報のほかにDSM-5という言葉が出てくると思います。ちょっと耳にしただけではどういう内容なのかよくわからない、このDSM-5について今回はお話しさせてもらおうと思います。

 

DSMとは?

まずDSMですが、米国精神医学会が作成する、精神疾患・精神障害を分類したマニュアルのことで、正式には「精神疾患の診断・統計マニュアル(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)」といいます。アメリカでの精神医療で用いられている規格ですが、現在は世界中で診断マニュアルとして使われています。

最初のDSMは1952年に出版され、以降何度か改訂版が更新されてきました。DSM-5は、2013年に公開された第5版になります。

 

現在のDSMは、以下のような目的と記載されています。

「『精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)』は、アメリカや世界の多くの国々で、ヘルスケア専門職(health care proessionals)が精神障害の診断に対する権威ある指針として使っているハンドブックです。

DSMに書かれているのは、精神障害を診断するための記述、症状、その他いろいろな基準です。DSMは、臨床医に共通言語を与えています。臨床医はこれを使って、患者について情報交換し、精神障害の研究に使えるような一貫した信頼できる診断を与えています。

また、DSMは研究者にも共通言語を与えています。研究者はこれを使って、将来[診断基準を]どのように改訂できるか研究し、投薬治療やその他の医学的介入の発展を促しています。出典元精神医療を精神科医の経験や勘に頼るのではなく、統一した知識や基準を設けるのが最大の目的になります。

詳しい内容についてはまた次回、触れていこうと思います。

 

ブログ担当:北山